unleash 1st アルバムFascination」
発売記念特別企画 インタビュー

Shun

目標がなければバンドを続けるのは難しい。

ー 本作はunleashの記念すべき1stアルバムとなりました。まずは完成、発売を迎えられたことに対する率直な気持ちをお聞かせいただけますでしょうか?

Shun 最高に"カッコいい"作品に仕上がったので、是非多くの人に聴いていただきたいです!

ー キャッチーでストレートな楽曲が多くシンプルに"カッコいい"という表現がぴったりだなという印象を受けました。一方で、「陽炎」や「罰」など独自の世界観を持つ楽曲も本作の大きな魅力だと感じています。アレンジやプレイにおいて一番気を遣われた部分はどのようなところでしょうか?

Shun ウ~ン、…全部(笑)。
まずデモ音源を聴いた時に独特な世界観の曲だと感じましたね。だからこそアレンジについては、本当に色々と試してみました。特に「罰」はレコーディングの直前、それこそヘッドホンをするまでフレーズが固まってなかったくらいですから。

ー お話にありました「罰」では、とてもフックの効いたベースラインを聴くことができますが、具体的にどのようにしてフレーズを紡いでいかれたのでしょうか?

Shun 「罰」はデモ音源のフレーズを基に構築していきました。これもまた先程の世界観の話になるのですが、"獣"に例えると、「陽炎」は静寂な場所で敵を待ち受けている感じ。一方「罰」は、同じ静寂の中でも敵を見つける為にひたすら動いている感じなんです。「陽炎」と「罰」は、静と動だと思ってます。そんな感じで、異なる世界観と雰囲気を上手く表現できるように意識してみました。

ー unleashのデモ音源は基本的にYusukeさんが作られると伺っています。一般的にギタリストが弾いたベースラインに対して、ベーシストからはその特異性に対する否定的な意見を聞く機会が多少なりともあるのですが、その点はいかがでしたか?また、デモ音源から大幅に変更された曲もあったのでしょうか?

Shun 問題なかったですね。Yusukeが弾いたベースラインを基に色々と自分のベースラインを試したりはしますが、土台を大幅に変えたりすることはないですね。ただ「Ring」は、Youjiが入ってからドラムパターンも大幅に変わったので、デモ音源の時に比べると結構変わりましたね。

ー 一番大きく変わったのはどの辺りでしょうか?意識された点はありますか?

Shun Bメロと最後のサビですね。タイトにしたくて歌に合わせてミュートを入れて弾いていましたが、疾走感を重視して外しました。あとは最後のサビのところですね。当初は他のサビと同じフレーズでしたが、二人の物語が一気に駆け上がる場面なので、キックに思いっきり絡んでグイグイ引っ張っていく役割を意識しました。この曲だけでなく他の曲もそれぞれに物語があるので常に意識しているんですけどね。

ー 本作のベースサウンドについてはいかがですか?Shunさんの理想、目標とされているサウンドについても教えてください。

Shun 一言でいうと、"いい感じ"です!
芯がしっかりしたサウンドになりましたね。僕の理想は、重低音に存在感がありながらもボヤけず芯のあるサウンドなんです。そういう意味でも、バランスよく調和のとれたちょうど"いい感じ"に仕上がったと思ってます。

ー 1stアルバムがリリースされたばかりで少し気が早いかもしれませんが、Shunさんのunleashに対する将来の展望をお聞かせください。

Shun このアルバムには一切、所謂捨て曲がありません。1回目からしっかりと全体を聴いてもらいたいですね。それから2回目は歌詞を読み取ってその曲の物語を感じてもらいたいです。3回目は各パートが奏でる音楽的な世界観を楽しんでもらいたい。それ以降は、ひつまぶしだと思って楽しんでいただければ(笑)。
多くの人にunleashを知ってもらって、たくさんの人前でライブをしたいと思ってます。Youjiと被りますが、やはり目標がなければバンドを続けるのは難しいと思います。だからこそ、今回出来上がったアルバムをスタートラインとして、常に前を向いて進んでいきたいです。

©2020 unleash. All Rights Reserved