unleash 1st アルバムFascination」
発売記念特別企画 インタビュー

Kota

バンドっていうよりも、音楽が好き。 

ー 本作はunleashの記念すべき1stアルバムとなりました。まずは完成、発売を迎えられたことに対する率直な気持ちをお聞かせいただけますでしょうか?


Kota レコーディングが想像以上に大変でしたね。でも楽しかったので嬉しいです。

 

ー やはりご自身の作品が、そういったご苦労を乗り越えて世に出ることは感慨深いですよね。 様々なご苦労があったと思いますが、一番大変だったことはなんですか?

 

Kota Yusukeのオーダーに応えるところですね(笑)。もうYusukeの頭の中で全て仕上がっているので。プレイしてYusukeが望むレベルに持っていくというプロセスが大変でした。

 

ー Shunさんへのインタビューでもお伺いしたのですが、デモはYusukeさんがお作りになられているということですけれども、そのデモからKotaさんのフレーズに置き換えられていく作業があったと思います。ご苦労や、逆にKotaさんのカラーを出せたなという曲はありますか。

 

Kota 一曲にまとめることは非常に難しいですけど。「陽炎」ですかね。

 

ー 「陽炎」ですか。具体的にどの部分か教えていただけますか?

 

Kota 「陽炎」は自分の中にあまりないテイストの曲だったので、その中で自分のカラーを出したりとか、なにかこう変なフレーズを入れてしまったりすることによって、曲のバランスを崩してしまいそうなイメージがあったので難しかったです。

 

ー 音源ではステージ上と同様に、右Ch.からYusukeさん、左Ch.からKotaさんのサウンドを聴くことができますけれども、unleashの世界観や音楽性の中で、 お二人のギタリストとしての個性というものが色濃く存在していると感じました。 バックボーンをお伺いしたいのですが、Kotaさんはこれまでにどういった音楽を聴いてこられたのでしょうか?

 

Kota あのー、ご存知の方も多いかもしれないんですけど、Yusukeは僕の従兄弟になりまして、彼の趣味を強要されてきました(笑)。邦楽ロックバンド、ソロギタリスト、洋楽全般などですね。ただ、バンドやギター系ばかりを聴いてきたという感覚がなくて。基本的に昔から音楽全般が好きなので、その辺の感覚っていうのは他のギタリストの方とはちょっと違うのかなと思います。

 

ー 確かにunleashのギターアレンジは所謂ゴリゴリのロックギターではなくて、 歌モノ、それこそ歌謡曲的なアプローチが非常に魅力だなと感じました。また、Kotaさんは音色面でも実に様々なサウンドを使い分けられていますよね。 どういった流れで決められていかれるのでしょうか?

 

Kota 特にこだわりはなく、その曲に合ってればいいかなっていう感じでフィーリングで決めています。音を作り込んでいくっていうよりかは、自分が弾いていて違和感を覚えなければいいかなと。あと、弾き易いと感じる音色よりは、少し癖が強いなっていうくらいの音色の方が、自分のニュアンスが出せるような気がしています。あとはその上でYusukeがOK を出してくれるかどうかってところですね(笑)。

 

ー (笑)。Yusukeさんはプロデューサー的な立場でもunleashのことを考えていらっしゃると思いますが、やはりその合格ラインというのは厳しいものなのでしょうか?

 

Kota 厳しすぎてなかなか合格がもらえないので、適当に流すか、全く違うものを放り込んで許してもらっています(笑)。

 

ーということは、 逆にYusukeさんのデモの段階からは想像もできないような形に仕上がっている曲が多いのでしょうか。

 

Kota そうですね。Yusukeにもたまに言われるんですけど、アレンジについてのジャッジが早いみたいです。直感的に"こっちがいい"ということに対して、あまり迷いがないですね。その辺りの作業にかかるストレスを減らすことが自分にとっては重要だと思っています。

 

ー 全体を通して、緻密で絶妙なギターの掛け合いをとても楽しく聴かせていただいています。抜群のコンビネーションは従兄弟という特別な関係性の賜物でしょうか?

 

Kota そうですね。それも確かにあるかもしれないですけど、僕はいつも自分に求められている役割を強く意識していて、無理をしないようにしています。普通にやりたいことやっても、個性ってちゃんと出てくるものだと思っていますので。後は、みんながいいと思ってくれるかどうかっていうことで、評価とかこだわりはむしろバンドのメンバーみんなに任せているところが大きいかもしれないですね。

 

ー Kotaさんは曲によって積極的にギターを使い分けられるのでしょうか?

 

Kota あまり変えないですね。実際ギターも2本しか持ってないですし(笑)。

 

ー 今回使われたギターと楽曲を簡単にご紹介いただけますか。

Kota はっきりとは覚えていないんですけど、多分ストラトかレスポールのどっちかをそれっぽく曲に合わせて弾いたんじゃないかなと。そのときの気分ですね。

 

ー unleashは一言で表すとどんなバンドですか?

 

Kota おじさんのバンド(笑)。

 

ー 諸先輩方からクレームがきます(笑)。先日のライブを拝見させていただきましたが、むしろ10代、20代の若者がうかうかしていられないんじゃないかと感じるパフォーマンスでしたよ。

 

Kota ありがとうございます。 おじさんの方が自己表現の潜伏期間が長いので、 実は若い頃よりも爆発力があったりするんじゃないですかね。

 

ー やはり歴史ですね。

 

Kota そうですね。若い世代の方々を否定するつもりは毛頭ありませんが、僕らの世代は実際にロックバンドっていうものを生で体験してきたっていうところがあると思います。そういうところの生の感覚ってのが強く残っているのかもしれないですね。

 

ー 現代も素晴らしいロックバンドは沢山ありますが、やはりレジェンドと言われるバンドが活動を終えていくことは寂しい限りですよね。
1stアルバムか発売されたばかりで少し気が早いかもしれませんが、Kotaさんのunleashに対する将来の展望をお聞かせください。

 

Kota ひょっとしたらあまり欲がないのかもしれないんですけど、とにかく沢山曲を作って形にしたいですね。バンドっていうよりも、音楽が好きなんで。自分たちの頭の中に渦巻いているものを表現できた瞬間が僕は一番幸せな時間なので、沢山の作品を残していきたいと思っています。

©2020 unleash. All Rights Reserved